リプロスキン 成分

MENU

リプロスキンの成分で安全性をチェック

 

リプロスキンの成分と安全性をチェックしてみました!

 

 

ニキビ治療に外せない「グリチルリチン酸ジカリウム」

 

リプロスキン,成分

 

ニキビ治療に欠かせないことは、肌を清潔に保ち、肌バランスを整えること。そして、炎症を穏やかに抑えていくことです。ニキビのある肌は、敏感です。刺激の強い成分は絶対に避けましょう。

 

「甘草」は中国に自生するマメ科の植物です。甘草は糖分が高いために、そのエキスは甘味料にも使われるほど。古くから漢方薬としても重宝され、不老長寿の薬効があると言われています。

 

解毒作用、抗炎症作用が期待できます。甘草の主成分はグリチルリチンで、約3~12%もの含有率があります。その効能の高さから様々な漢方薬に使われ、葛根湯にも含まれている成分です。

 

グリチルリチン酸ジカリウムはニキビにの治療薬としても注目を集めています。天然成分のため、肌に負担を掛けずにニキビケアができますが、値段が高くなってしまう反面もあります。

 

大手の企業で出しているニキビ治療薬にはサリチル酸系が使われていることが目立ちます。コストが掛からない分、価格は抑えられますが、合成的に作られた成分をニキビ治療に使うことは、やはり本末転倒。

 

時間は多少かかっても、天然成分が使われているものを選びましょう。価格だけではなく成分にもきちんと目を通して、納得のいく商品を選びましょう。

 

 

8種類もの有効成分がナノ効果で浸透

 

リプロスキン,成分

 

リプロスキンにはナノ化された美容成分がたっぷり使われています。角質層の奥深くにまでしっかりと浸透するために、ニキビ跡にも有効です。

 

保湿効果の高いホメオシールド、美白効果が期待できるダーマホワイト、そして酵母エキス、アロエエキス、イソフラボンなどの天然成分が美肌作りをサポートします。

 

ニキビ治療や敏感肌の人にとってはもう当たり前になりつつある「無添加」。リプロスキンは合成香料・着色料、鉱物油、アルコール、パラベンは使っていません。

 

「無添加」にも重点を置いている、リプロスキンならば、長期間肌に使い続けられる安心仕上げです。